Skip navigation

最近主に使っているPCは手持ちの中の2台。メインはHP dv7(デカくて重い。ほとんどデスクトップ代用品)と自宅と外出時両用のAcer 751。

そして最近触っていない中の一台がやはりAcerだけどかなり古いラップトップ(そう、手持ち5台すべてラップトップでデスクトップはナシなんです)で、これにKubuntu 8.04 Hardyがインストールしてある。

Ubuntu、いやLinux、うーん、ええとKubuntuは好きだ。コマンドラインで操作するのが好き(自分がはじめて本格的にコンピュータに触ったのがWindowsやらMacintoshとかってGUI付き環境なんてない頃だったことも大いに関係ある)だし。そしてKubuntuの見た目、デザインが好き。

GUI環境だって嫌いなわけじゃあない。でもGUIっていうからには操作性に加えて見た目も大事だ。もちろんこれは個人々々の好み次第だけれど。で、自分はGNOMEが登場した当時は「おお、かっくえー」と一瞬思ったんだけど、今思えばやっぱりGNOMEの見た目はダサい。今のバージョンのGNOMEでさえやっぱダサいぞ。かっこいいかもうと思ったころを今振り返ってみると、「並の人間」がWindowsだMacだ使っているときに、それとは違うモノを使っているというチョー個人的オナニスト的に自慢だっただけのようにも。

GNOMEなどの「デスクトップ環境」ではないけれど、もっとシンプルなウインドウマネージャにはその意味ではもっと「かっこいい」ものはある。GNOMEやKDEといったデスクトップ環境ではドラッグ&ドロップができて便利だって? そうかあ。しかし自分はGNOMEを利用していたころ(自分が利用していたのは遠い目をしなくちゃならないくらい何年も前)もKDEでも、ドラッグ&ドロップってほとんど使わない人だったりするので、その恩恵のありがたさはいまいち実感できていない。

自分はゲーマーと呼ばるほどではない(おまけに何をプレイしても下手っぴであったりする)けれど、それでもWindows上のゲームは今でもときどき楽しむので、やっぱりWindowsは手放せない。確かにLinux上でもゲームはあるけど、言うまでもなくその数(つまり選択肢だね)や品質は...(以下略)

あとは仕事で必要なウェブブラウザと文章書き用のエディタがもちろん大事。これらは自分の場合はどちらもほぼ同じものがLinuxでもWindowsでも利用できる。となると、好きなゲームも楽しめるWindowsでいーじゃないの、となってしまう。

 

その手持ちの古いAcerラップトップにはKubuntu 8.04 Hardyのままでアップグレードしていないのにはいくつか理由がある。ほとんどは自分がナマケモノなために解消できていないコトなんだけど、10.10も出たし確かにアップグレード(てか新規インストか)してもいいとは思う。思うんだけどなかなか実際に動かない自分がいる。

それはなぜかといえば、メインのHP dv7 (Windows 7)とAcer 751 (XP SP3)の2台で別に趣味遊びと仕事どちらにも足りてしまっているから、なんだな。

フリーなソフトウェアだけでこんなんすごいわあ!と感涙する人も多いLinuxだし、自分が(プロの)エンジニアじゃないけどプログラマや「業界の人間」みたいに思えるLinux、てなことでUbuntu好きいー!な人も多いような気がする。いやいや、それに文句つけようって気はさらさらなく、自分はやっぱそういう楽しみ方はできませんでした、みたいな。

コマンドラインでの操作が好き、とか言いつつGNOMEダサいKubuntu好きとか言うのは矛盾しているような気もするが、そうなんだから仕方がない。そしてCUI好きとか言っておきながら、なんだけど、LinuxはどれもいまだWindowsは超えられていないよね、面倒じゃんLinuxってー、とも言ってしまう。

Windowsなんかと違ってシステムまわりを細かくいぢることは確かにできる。それだけの技量があれば。でもめんどいことにはかわりないと思うのだ。例えばWindowsはブートでけんとかグラッフィックの表示がおかしいだの、音がでないだの動画がスムースに再生できないだのってことはあったとしてもその解決はそれほど難しくないけど、こうした今ではPC利用で当たり前のことを満足にする、できるようにするためにLinuxではWindowsよりはるかに難しく面倒なのは否めない。

それを解決してゆくのが楽しいんだよ、という意見もあるだろうし、それは自分も否定しない。でも自分はやっぱりラクなほうがいい。(笑)

たぶん、だけど、きっとまたもう1台別なラップトップを近い将来買ったら最新版のKubuntuをそれにインストールするかもしれない。でもそれまではしばらくはLinuxからは離れていることにしよう。

 

忘れ去られたのか元々ユーザが少ないのか、2ちゃんねるでもさっぱり話題に上りもしない自分のNetbook、Acer Aspire One 751。競合他社からの同種の製品で新しいもの、同じAcerからのより新しい製品(例えば752とか753とか)に比べて色んなところで劣っているのは致し方ない。それでも海外に行くときも持参し便利に使っていたし、国内でも今でも結構あちこち持ち歩いている。昔アルミやらジュラルミンケース(カメラだったり最初のMac 128Kだったり)を汗をカキカキ持ち歩いていたことを思えば、どれだけ天国か。いや、751程度の重さならなんてことないという意味で。

前に書いたようにこの751、メモリは2GBに増設していて、確かに発熱は増えてかもしれないがそれでも1GBと比べたらやっぱり動作は軽い。iPodも外出時にはほとんど常に持ち歩くくせに、751にも音楽ファイルがかなーり入れてあるのはご愛嬌。そのせいでハードディスクの空き容量は不足気味だけど、16GB USBスティックも常時携帯なので困ったことはない。

と、今回はチェックをサボっていたGMA500のドライバを更新してみた。というのは、ネットのどこかで「GMA500ドライバはWindows 7用が新しいのがリリースされていて、それだとHD動画再生支援が(GMA500で)できるようになるかも」という書き込みを見たからだった。

自分の751はAtomシリーズの中でも非力なZ520 1.33GHzなので、元々インストールされているXP SP3からVistaやWin7にしようと思ったことはない。軽く動作できるようにするならともかく、より重いことが分かっているバージョンのWindowsにするなんて自分にはできない。Ubuntuも一度試したが、GMA500では表示解像度をフルにすることができず結局使用をやめた。(爆)

さて、Windows XP用Intel GMA500ドライバのダウンロードはここ

このページでOSを選択してそれぞれ用のドライバを選ぶ。Windows XP用を選択して次のページを見ると、去年の12月にリリースされたドライバが最新。そしてそのリリースノートを見てみると:

New Features

  • WMV-HD video playback is enabled

Resolved Issues

  • Resolution can’t be changed through CUI when playback Video
  • Invoking or resuming back from 3D Screen Saver causes blue screen error message
  • Double windows logo appears show during S4 progress
  • LCD shows garbage lines while entering OS

おお、新機能にWMV-HD動画再生とな。こりゃ更新してみるしかない。ダウンロードしてインストール、そして一度リブート。このバージョンのドライバで解決したという問題、不具合4つは自分の環境ではどれも発生したことがないのはラッキーか。

WMV HD(1280×720, WVC1)の手持ちを動画再生アプリで試してみる。ちなみにドライバ更新以前はどの動作再生アプリでもすべて「紙芝居」だった。自分のメインPC(ラップトップだけど。T9600 2.8GHz、4GBメモリ、ATI RADEON HD4650)ではもちろん問題なく再生できている。 なお、動画再生アプリ側の設定はすべてデフォルトのまま。それぞれよりより詳細設定がきっとあるんだと思うが。

GOM Player (2.1.26.5027)

下のVLCと比較すると読み込みバッファが足りないのか1秒毎ぐらいに「プチフリ」する。これは通常のWindowモード、フルスクリーンモードでも同じだった。ただし動画サイズを二分の一にするとそれもおさまりスムーズに再生。旧ドライバではこれでも「紙芝居」だった。

VLC (1.1.3)

通常のWindowモードで再生するとややカクつく。早送りなどをするとしばらく大きなブロックノイズ状のものが出て汚い。が、旧ドライバのときよりは格段に「再生できてる」 動画のサイズを二分の一に落とすとちゃんと再生できる。旧ドライバではこれでもろくに再生できなかった。フルスクリーンモードを試すと、おお、Windowモードよりスムースに! これなら今まで751では諦めていた動画も再生できる。

Windows Media Player 11 (11.0.5721.5262)

100%サイズWindowモード再生、二分の一サイズ、フルスクリーンすべて同じ。ブロックノイズはほとんど出ないものの、やや紙芝居。どうせWindows Media Playerなんて滅多に使わないが。

CyberLink PowerDVD (8.00.2801.00, 751に出荷時インストール済)

自分には理由はわからないが、上のWindows Media Player 11とまったく同じ。どの再生モードでもやや紙芝居。このアプリも自分は滅多に利用しないのでまあいいか。

結果、普段動画再生に利用しているGOM PlayerとVLCではなんとかWMV HD動画の再生ができるようになったことが確認できた。

まだまだ使うぞー751(笑)

Enhanced by Zemanta
iPod Classic 120GB Silver, Next to original box.
Image via Wikipedia

自分のはiPod Classic 120GBなんだけど、買ったときから良くフリーズしていた。Appleアイコン(本来はグレー)が虹色というか滲んだ感じでいきなり表示され、そのままフリーズ。その後しばらく待っているとグレーのものにそれが変わり(つまりリセット)正常に戻る。

購入直後からこんな状態だったので、人によっては保証期間内にとすぐさま修理依頼するのかもしれないが、自分はそのまま放っておいた。だがそんな不具合状況ももしハードウェア的な不具合なら今後も変わるわけもなく。自分は移動時はもちろん、就寝時にはベッドの中で眠りに落ちるまでコレで音楽を聴くのが習慣になっているのだけれど、今日はこのアルバムを全部聴いたら寝よう、なんてこともあるのに突然いきなりフリーズしてしまう。

てな話をチャット仲間の某氏(米国人)としていたら、「あー、試しにロックスイッチ(クリックホイールを効かなくするアレ)を3~4回程度オンオフしてみ」という。そんなことで直るわけあんめー!と。

と、ところが試してみたらなんとフリーズしなくなってしまった。うーむ。マジですか...

iPodの「中身」がLinuxだってことは有名だが、この手の不具合はハードウェア上のことなのかあるいはソフトウェアの問題、不具合なのか...

とりあえず自分のiPod Classicではこうしてフリーズがなくなった(このままであってほしい)ので、同様の不具合で悩まされている人はお試しあれ。

Enhanced by Zemanta

またまたThunderbird関係。

以前Thunderbirdで返信時のヘッダを変えるで紹介したChange quote and reply formatは気に入っているのだが、作者氏には感謝しつつもアップデートはあまり迅速とは言えないのが玉にキズだったりする。今回Thunderbirdを早速3.1にアップデートしたのだが、これまた早速そのChange quote and reply formatが使えなくなってしまった。ああ。

これはイカンとMozillaのThunderbirdアドオンページを探せば同じことができるものが今は他にもあるかもしれないということで探してみることに...

すると、

おお、これは! 早速ダウンロードしてThunderbirdにインストール。一度Thunderbirdをリスタートして、と。

このアドオンが有効になった状態で設定画面を開くとこんな感じ。

この1枚のスクリーンショットでもだいたい設定の仕方は想像できる。新規メッセージ作成時、返信時、転送時それぞれ、しかもThunderbirdで管理しているアカウント/アドレスそれぞれに対して別な設定を施すことも可能。(上のスクリーンショットではAccount name: Commonとなっている。つまり全部で共通の設定)

アドオンの名前もSmart Templateとなっているので、返信時だけでなく新規メッセージで定型文を使いたい人には便利だろう。例えば必ず文頭の「お世話様です」とかを入れるとか。

同じくスクリーンショットでわかるように、マクロを使って日付その他を挿入することができ、どんなマクロが利用できるかはHelpをクリックすると利用可能マクロの一覧が表示されるようになっている。

さらには、自分はFirefoxやこのThunderbirdなど、英語インターフェース(メニューなど)が利用できるソフトは英語版でいつも利用していて、「日本語化」にはほとんど興味はないのだけれど、このアドオンの作者氏は日本人らしく(たぶん)はじめからどうやら日本語ロケールが入れてあるようだ。

てことで、このままだと自分の場合はこのアドオンがこれまで便利に利用させてもらっていたChange quote and reply formatと入れ替わるかもしれない。

SmartTemplate for Mozilla Thunderbird

Thunderbirdも3.0.5を経て、というか3.0.5にアップグレードしたと思ったらすぐ3.1がリリースされたので早速ソレに。で、放置してたここにもThunderbird関係のメモ。

自分はAnti-Virusソフトではavast! Antivirusを使っている。で、Thunderbirdでは現在GmailとGmxの約1ダースのメールアドレスをすべてIMAPで利用している。当然送信も各々のsmtpサーバへ送っているが、avast! AntivirusのMail Shieldがsmtp、popのみならずIMAPサーバへのアクセスもトラップしてウイルスチェックをしやがる、いやしてくれるので、Thunderbird側でのサーバ設定がメール提供側の推奨設定のままではうまく利用できなくなってしまうことがある。

avast! Antivirus(現在バージョン5)のMail Shieldというのはこんな感じ。

最初はこれのためにメール送受信できない(ことがアカウントによってはある)原因がコレだとは分からず四苦八苦した挙句、Gmxなどにはサポートに泣きついたりしたのだった。

そしてコレかあ!と気付いたのち、まずはこのMail ShieldをOFFにした。するとタスクトレイのavast! Antivirusアイコンが変わり、「あんたのシステムはあぶないぞお」てな警告が出たままになった。これは気持ち悪い。ということで、Mail Shield自体は動かしたまま、上のスクリーンショットにあるように「動きはするが送受信ともウイルスチェックはしない」という設定に変えた。これだとタスクトレイの通知領域にあるavast!のアイコンも通常通りで気持ち悪くはない。

また自分の場合は上に書いたように(Thunderbirdで)利用しているメールアドレスはすべてGmailとGmxであり、この二者ともウイルスチェックはしてくれている(らしい)ので、とりあえずそれを信用することにすれば(できれば)自前のPC側でウイルスチェックをする必要はない。(ないよね?)

ということでこの件は解決。

放置から復帰第一弾。(なんど放置するんだ)

書こう書こうと思っていて放置していたことを、と思ったものの、何から書こうか一瞬迷った。結局普段使っているメールについて、さらにはその中でもごく最近あったことを例によって自分へのメモ代わりとしても書いておく。

フリーのウェブメールはもちろん昔から各種利用しているが、ここ数年メインで使っているのはMS LiveYahoo Japan、米Yahoo! そしてGoogleのGmailgmx。前者3つ以外もあるけれど、ようはウェブメールそのもので利用していて、それぞれ用途、これらのアドレスでやり取りする相手、あるいは登録しているサービスの種類で分けて使っている。

後者、つまりGmailとgmx(で取得できるアドレス。ドメイン部分が色々ある)はそれぞれいくつかアドレスを利用していて、これらももちろんやり取りする相手や用途で区別しており、さらにこれらはウェブメール(でももちろん利用可能だけれど)ではなく通常Mozilla Thunderbird 3で利用している。

Thunderbirdではメールアカウントの設定は自在にできるだけでなく、バージョン3からはサーバ設定は半自動である意味勝手にやってくれる。GmailではIMAPサーバに接続するポートは993(IMAPは通常は143)、とか。それぞれまあアレなことはあるが。

で、gmx。gmxもGmailと同じく、無料、大容量メールボックス、ウェブメールだけではなくPOP/IMAP/STMP(自分は複数のPC、場所からアクセスするのでIMAP必須)アクセスも無料でできる。(加えてファイルストレージ機能もある) なのでGmail共々自分は気に入って使っているのだ。

が、このgmx、そのユーザフォーラムでも結構書き込みがあるように、特にSTMPサーバ設定がうまくいかないということがままある。もちろんgmx側ではヘルプで主要MTAでの設定方法を紹介していたり、フォーラムでも回答、解説していたりするのだが。

「急にSTMP接続できなくなってメール送信できないよーん」とかフォーラムに書き込む人たちと同じく、自分も気がついたらThunderbird 3からgmxアドレスからの送信ができなくなっていたのだった。こりゃまずい。てか不便。

ということで、Thunderbird 3でちゃんと動いている(送信できている)gmx用SMTPサーバ設定部分のスクショが以下。

ちなみにフォーラムでも言われているが、gmxで取得できるアドレスでドメインがgmx.usとかgmx.phでもSMTPサーバはmail.gmx.com。

上のスクショ(つまり自分のThunderbird 3の設定なんだが)ではDescription(説明てーか設定名?)がメールアドレスそのものになっているが、これは自分がThunderbird 3でGmailとgmx合わせて1ダース以上の似たような(笑)アドレスを管理しているのを区別するようにこうしているだけで、設定説明としてはちょっと紛らわしいかも。

おまけ。

これを書く前にだいぶ前にアドレスを取得していたLycosを久々にチェックしようと思ったら、なんと今はLycosは韓国企業に買収されており、無料メールは有料サービスと化していた。(爆) てことでもう使わん。(使ってなかったけど)

Reblog this post [with Zemanta]
Follow

Get every new post delivered to your Inbox.